東洋医学「水滞(痰湿)」

query_builder 2022/02/18
ブログ
89D196B5-95B6-4C53-A1B3-3F5CE351E3DB

今回は水滞についてご説明します😆

「水滞」(水毒、痰湿)は、津液(体液)の代謝が悪く、体内の水分が過剰な病態のことです😱

犬猫の体の6〜7割は水分といわれていて、それが停滞するので様々な不調が現れます💧
また、水滞が長期化すると「痰湿」という更に体に害を及ぼす状態になります😱

E47FCFFC-0726-4565-9699-3FBFBD166C3E

痰湿は様々な形を作ります!
例えば中性脂肪やコレステロールが多いと血管にへばりつき、血液の流れを邪魔して血液をドロドロにします(瘀血)🩸
また体内にできた痰湿を排除しようと皮膚炎や嘔吐などの様々な症状が現れます🤮

A9351034-49A7-446D-A888-85C1F61AB7DB

原因
もともと新陳代謝が悪く、余分な水分が溜まりやすいタイプに多いです😰
脂質の多い、または粗悪な脂質の食べ物や胃腸虚弱、湿気の強い生活環境などが原因でなります☔️

また、ストレスや加齢、運動不足などにより悪化します🤢

9544940D-66D4-4DE3-99AC-3301436DC207

症状
むくみ、体の重だるさ、頭痛、下痢や軟便、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまい、鼻水🤧
痰の多い咳、湿性の湿疹、関節の痛みや動かしにくさ、など多岐にわたります🦴
体内にできた痰湿を排除しようとして皮膚炎や嘔吐などの症状が現れます🤮
また痰湿が塊になった状態がイボや腫瘤、胆泥、尿路結石などです😓
関節に痰湿が溜まると関節炎をおこし、脳内の水分代謝が悪いとてんかんや水頭症をおこします😵‍💫

よって痰湿は体中のどこでもつくられて、様々な病気の原因になります❗️

37C22E82-6255-4EF6-89D6-B1B95ADD2283

食養生としては小豆、空豆、緑豆などの豆類や、ハトムギ、とうもろこし、ナス、冬瓜などがおすすめです😆🌽
脂っぽい食べ物や砂糖たっぷりな甘い物はあげないようにしましょう❌🍭

4976E194-1965-4FB6-ACAF-20D330285411

生活養生としては、冷えも悪化の原因になるので、夏場でも冷房の温度や時間には気をつけましょう❗️🥶

夏は体内の余分なお水を抜くいい季節!

体が冷えていると、お水が出ていきにくくなるので、体を冷やさないように気をつけましょう🤗
湿気が多く暗くジメジメした生活環境は悪化させるので、除湿機などで余分な水分の停滞を避けるようにしましょう👍



#東洋医学#痰湿#水滞#漢方#犬#猫#ドッグブレスユー#動物病院#神戸

NEW

  • トリミングに来てくれた福くん✨

    query_builder 2022/05/19
  • トリミングに来てくれたサンくん🌟

    query_builder 2022/05/18
  • トリミングに来てくれたのあちゃん💕

    query_builder 2022/05/17
  • トリミングに来てくれたひなちゃん💕

    query_builder 2022/05/15
  • お預かりに来てくれたルイスくん!

    query_builder 2022/05/14

CATEGORY

ARCHIVE